teto ceramics + laula woods

東京目黒からテトがやってきます。

テトの器は使うほどにその味わいは深まっていくばかり。

どこか外国の田舎町を思わせるような人の暖かさとモダンさが共存する陶器。

さらに、テトをのせる台として木を選びそれをデザインするのは

もうみなさんご存知の五戸町style clothing laula 。

木に関するこだわりとその愛は類を見ない。

思えば新丁の改装はすべてラウラが手がけており、新丁自体がラウラの作品です。

テトセラミック石井啓一さんとラウラ、2人の人気作家がコラボレートする

4日間限定のコンセプトショップ。

素晴らしいハーモニクスをお楽しみいただけると思います。

お見逃しなく。