松坂さんのスケッチ散歩

2021年6月

松坂さんのスケッチ散歩

散歩しながらスケッチを楽しんでいた松坂さん。

ところが世界中は大変なことになって思うように散歩にも出かれなくなってしまいました。

でも松坂さんはグーグルアースで世界を散歩しながらスケッチをしていたのです。

松坂さんが描くポストカードサイズの小さな水彩画

皆さんの心を穏やかにしてくれるはずです。

三角まとう cotomono exhibition “Will to Form”

2021年5月

三角形の布で袋状のカタチを作るcotomono今村素子さんの作品展。

三角をまとう。まるで服の一部のような不思議なバッグのような。

少し数学的でもあり、今回はさらにハギレをコラージュする。自由で規則的な造形。

”かぶるもの” ”まとうもの”

身につけて楽しむcotomono。

3日間の開催です。

お見逃しなく。

 

JUN KANEKO EXHIBITION

2021年4月

歪んだ弱々しい無数の線で チクチク描いたものたちは、

どこか一箇所でも切れてしまうと 簡単に崩壊してしまう危うさがある一方、

集まることで強さを増し、 その集合は美しい紋様を生み出すこともできます。

その美しさは家族との日常、 地域との繋がり、暮らしを装う喜びや、痛み、

それらを受け入れる日々の 記録と言えるかもしれません。

JUN KANEKO

新丁ゴールデンウィーク企画は、福島より金子潤さんの個展をお楽しみください。

4/24sat – 5/9sun

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Toru Kitahara first photo exhibition Pin Up !

2021年3月

「PLEASE」というファッション雑誌をご存知ですか?
インディーズながらサイコーにカッコいいファッション・マガジンです
何がそんなにすごいのかって?
この「PLEASE」というファッション・マガジン、撮影からコラム、編集まで、マガジニストであり写真家でもある北原徹さんの手によって生み出されているのです
しかも…インディーズといえど、ピック・アップしているブランドは、COMME des GARÇONを筆頭にCHANEL、GIVENCHY、Alexander McQueen、YOJI YAMAMOTO、BURBERRYなどのハイブランドが名を連ねています
たぶん世界を見渡してもこんな方法で、こんなカッコいいマガジンを作り出している出版社はないでしょう
その北原徹さんの初となる個展をsaule branche shinchõで開催します
初日の3月13日にはオープニング・トーク・イヴェント「PLEASEをひとりでつくろうと思った衝動とCOMME des GARÇONSのページをつくる創造」も開催!
以下、北原さんからのメッセージ&プロフィールです
Yes,PLEASE !
雑誌の切り抜きや雑誌の付録についてくるポスターを自分の部屋に貼るのが好きでした。<COMME des GARÇONS>のポスターを貼っていたこともあります。決して額装されるような代物ではないポスターを壁に自由にプッシュピンやセロテープで気軽に貼る。誰でもポスターが一枚あれば、自分の空間を創れたのです。今回は写真展ですがポスター展でもあります。ギャラリーをぼくの部屋に見立てて気軽に貼っているので、ぜひ、ご覧ください!
北原 徹(キタハラ・トオル)
ファッション誌「PLEASE」編集・発行人 フォトグラファー 「OPENERS」客員編集者 元「POPEYE」副編集長。「週刊 SPA!」「anan」「POPEYE」「クロワッサン」などの編集に携わる。2016年3月9日にファッション誌「PLEASE」を創刊。編集ディレクションから写真撮影、文章、アートディレクション、時にはスタイリングまでをひとりで行う。男性誌、女性誌を超えたスタイルは世界でも珍しい。「POPEYE」時代からファッション撮影を始め「PLEASE」のファッション撮影のほぼすべてのほか、雑誌、カタログ、広告などを精力的に撮影している。フォトグラファーネームにRay and LoveRock名義を使うことも。写真集にパリコレクションで活躍するデザイナーGeoffrey B. Smallの100回目のパリコレを記念した「100」、3人展「TLRiK」の同タイトルがある。
 
 

teto ceramics + laula woods

2021年2月

teto ceramics + laula woods

東京目黒からテトがやってきます。

テトの器は使うほどにその味わいは深まっていくばかり。

どこか外国の田舎町を思わせるような人の暖かさとモダンさが共存する陶器。

さらに、テトをのせる台として木を選びそれをデザインするのは

もうみなさんご存知の五戸町style clothing laula 。

木に関するこだわりとその愛は類を見ない。

思えば新丁の改装はすべてラウラが手がけており、新丁自体がラウラの作品です。

テトセラミック石井啓一さんとラウラ、2人の人気作家がコラボレートする

4日間限定のコンセプトショップ。

素晴らしいハーモニクスをお楽しみいただけると思います。

お見逃しなく。