閑喜弦介ソロギターリサイタル Recital de guitare solo Gensuke KANKI

2024年2月

東池袋にあるカフェ&ギャラリー”KAKULULU”
そこの店主、ユウくんとはもう随分古い仲で、親友となるきっかけは音楽でしかなかった。
彼とはお互いの近況を教えあっているのが常で、その内容は音楽と店に関する事がほとんど。
閑喜弦介を彼から教えてもらったのが2年前。
この人知ってる?
youtubeを開く。
おどろいた。
これこそ日本の旗を立て、世界に提示すべき音楽のひとつだと思った。
”洗練された”という表現はこの曲のためにあるように思えた。
相当綺麗な曲だった。作曲は閑喜弦介。フィールドはクラシック、斬新一撃だった。

https://youtu.be/p7yK8eoOnvw?si=gDpVMgHPObAgLAc1

フランス人の女性が歌い閑喜弦介がギターを弾く。
飾り気のないシンプルなムーヴィーはその素晴らしい楽曲をより強調させているようだ。
それから彼を追うようになり、彼に連絡がつけれるようになった。

ユウくんから”KAKULULU”9周年で彼を呼べることになった連絡をもらい
偶然にもその周年に僕たちzodiacの出演も依頼され、KAKULULUで同じ出演陣として
会えることになったのだ。それが昨年2023年4月。

KAKULULUの周年はB1にあるギャラリーと2Fのカフェで交互にパフォーマンスが繰り広げられる。
東池袋の小さな三角のビルはその日、東京発の音楽で満たされる。
アーティストが発表になる前にチケットがソールドアウトしてしまうほど名物化しているスモールなフェスと言えよう。
アーティストそれぞれのフィールドは溶け合い現代的な化合を見せ
そこに集まるミュージシャンでしっかりとしたシーンを築き上げている。
そういった現場で彼と会えるきっかけもユウ君あってのこと。

そこで彼と彼のマネージャーにも相談をもちかけ、ゆっくりと時間をかけタイミングを探し
新丁でのリサイタルが決定したわけである。
もう少し掘り下げてみる。
ユウくんが閑喜弦介を知ったのは、ドラマーの石若駿くんからだった。
世界的ミュージシャンが見ている物の鋭さには驚くばかりだ。
ユウくんと石若駿くんの間柄もかなり深く、駿くんのsong book trioが
新丁で実現したのもそこからだ。
そしてその奥には類家心平の存在も無視できない。
音楽の根はこのように張りつめていく。
KAKULULU外壁の蔦をみているようだ。

30名限定のリサイタルです。
お見逃しなく、

俊文書道会 田名部りょう作品展

2024年1月


八戸発というべき俊文書道会、今年の展示です。
毎年恒例となっている西里先生との企画、いままでは
3人タッグのチームで登場してまいりましたが、
今年は、田名部りょう君のソロ展。
この春社会に出る、りょう君。
それを記念に先生がプレセンしてきたのだ。
その名の浸透も進んだこの時期に
ソロ展をもってくる渋さはなかなかであり、
その重みの増しを、深く感じるのであります。
そして
俊文書道会初のソロ展は、新丁でなければ
なのです。